社長メッセージ

鉄道建設で培ってきた高度な技術を活かし、
新しい時代のニーズに応えていきます。

鉄道工事の専門会社として走り始めた当社。
創立以来、70年以上にわたって新幹線・在来線など鉄道線路の新設・保守工事を行なってきました。
そのノウハウを活かし、現在は「土木」「建築」「軌道」の3事業を主に手がける総合建設企業として、幅広い分野からの需要にお応えしています。

土木部門では鉄道、道路、トンネルや橋りょう工事などの幅広いプロジェクトに参画して人々の生活の基盤を支え、建築部門では大規模な公共建築物から駅舎、工場、共同住宅まで多様な実績を重ねてきました。軌道部門では東海道新幹線の線路延長のうち約6割、JR東海の在来線では約7割の保守を当社が担当し、そのノウハウを台湾、インドネシアなどの国々へも提供しています。


当社が手がけている事業はそれぞれが独立しているように見えますが、実際は相互に関連し、補完し合っています。それぞれの事業の成長が他事業の受注につながり、技術においても各事業で生み出した独自技術を共有することで、競争力を高めています。
これからもこの総合力を高めつつ、ワンランク上の目標をめざし続け、品質・安全の向上に取り組みます。併せて、企業の持続的成長をめざすために「働き方改革」にも継続して取り組み、働きがいのある企業をめざします。

環境に優しい鉄道の安全と快適を守り、その技術をまちづくりにも活かすことが、私たちの使命です。
社会基盤の発展を支える企業としての責務を自覚し、これからも「安全・信頼」を大切にして事業に邁進してまいります。

代表取締役社長  渡邉 清