消費者課題
(品質への取り組み)

品質に対する私たちの考え

名工建設では、国際標準規格・ISO9001に準拠した品質マネジメントシステムを運用。市場の期待やお客様のニーズをよく理解し、最高の技術力をもって優れた建築物・構造物を提供することを企業の目標としています。
さらに、提供する建築物・建造物の品質を高めることだけを目標とせず、顧客満足度をより向上するための会社組織のあり方を継続的に改善することも目標としています。
たとえば、工事施工に対するお客様からのクレームに対しても、情報を収集・分析して、早期に対応することはもとより、その事象をマネジメントシステムの改善にも必ず反映させています。
問題の原因を追究し、より速やかな改善に結びつけることができる組織づくりから考え直そうとするものです。

品質マネジメントシステム

当社は、お客様の満足されるものを提供できる仕組みを国際標準規格(ISO9001)に適合させてマネジメントシステムを構築し、運用しています。

工事施工に関連するお客様からのクレームについては、情報を収集・分析して、早期に対応するとともにマネジメントシステムの改善に努めています。

品質方針

当社は、「名工建設 企業憲章」の下、社会インフラと生活環境の整備を通じて社会に貢献するため、高品質の建設物をお客様に提供する。
そのために次の事項を実施する。

  • 1安定した受注量の確保と多様化するリスクに対応し、社会からの信頼を獲得し、強靭な経営体質の確立に取り組む。
  • 2お客様と社会のニーズを的確に捉え、高い技術力と誠実な心を持って業務に取組む。
  • 3契約内容や法令・基準等にしたがって、お客様の要求事項を確実に実施する。
  • 4建設物を保証するため、施工の適切な段階で的確な検査・試験を確実に実施する。
  • 5建設物の品質や性能の維持向上を実現するため、品質マネジメントシステムを常に改善する。

内部品質監査と外部審査

当社は、内部品質監査に加え(財)日本品質保証機構による年に1回の外部審査を実施し、効果的かつ効率的な品質マネジメントシステムとなるよう継続的改善に取り組んでいます。

品質マネジメントシステムの実績

1.外部審査(一般財団法人 日本品質保証機構)

平成30年度、品質マネジメントシステムは定期審査

1.審査実施日
・平成30年6月5日(火)~6月8日(金)

2.審査の結果
・品質マネジメントシステムは、ISO9001:2015に適合していることが認められました。

2.内部(品質・環境)監査

平成29年度は、26部署ならびに30プロジェクトで実施しました。