高い安全意識を
醸成する取り組み

1. 企業憲章にある安全第一の理念教育

名工建設のすべての役員、社員、工事従事者が高い安全意識を持ち続けるため、名工建設企業憲章の「安全第一」の理念を解説テキストを用いて教育を継続し、安全意識を高いレベルで醸成します。

2. 「安全のための本質を探究する運動」の推進

危険感受性を高め、危険敢行行動を無くすべく、「安全のための本質を探究する運動」を推進し、基本ルールや基本動作の本質を理解する等「安全について考える」企業風土を醸成します。

「安全のための本質を探究する運動」とは、3つの「ど」(どうして?どうなる?どうする?)を活用した、ルール、作業手順、リスクの教育、指導です。

具体的な取り組み

  • ・工事の「計画段階及び施工前」での事故・労働災害の芽の摘み取り
  • ・「点呼・安全教育」でのリスクと安全な作業手順の周知
  • ・「現場施工」での安全作業の指導
  • ・危険感受性を高め、危険敢行行動を防止するため、安全探究ルームを活用した教育の推進

安全施工検討会

点呼

安全パトロール

3. 「安全探求ルーム」を活用した安全教育

「安全のための本質を探究する運動」など、安全への取り組みを強く意識し推進するための施設、『安全探究ルーム』を枇杷島社屋5階に開設しました。
展示資料や映像教材等により安全について深く「考え、学ぶ」ことで、企業憲章における「安全第一」の意識を醸成し、人命や鉄道安全を守るための「ルール・基本動作の本質」を深く理解し、「過去事象のリスクや教訓」を体得することを目的としています。

安全探究ルームの内容

  • (1) 企業憲章コーナー
    • ・企業憲章パネル、企業憲章教育ビデオ
  • (2) 映像・基本ルール教育・安全体感コーナー
    • ・安全教育ビデオ、安全関係図書
    • ・安全体感設備(電動工具、安全帯、重量物など)
  • (3) 過去事象コーナー
    • ・事故防止必須10項目及び重大リスクのパネル資料
    • ・事故損傷物品