コーポレートガバナンス

当社は、法令等を遵守し、安全第一を旨とし、地球環境に配慮し、誠実さと技術力で常に顧客に満足して頂けるものを提供すること、また、これらを実現するため、株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等からの信頼の確立を図り、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行い企業価値を高めることを基本方針としています。

コーポレートガバナンス体制

IR体制

当社は、ステークホルダーとの良き協力と適切な緊張に基づく円滑な関係を構築することが、長期的な利益に合致すると考えています。そしてステークホルダーの立場を尊重する企業風土の醸成を目指すとともに、HP(ホームページ)や株主・投資家説明会等を利用した適時適切な情報開示に努めています。

取締役会・監査役(会)等の役割

取締役会、監査役(会)、経営会議、執行役員・支店長会議等により、経営方針の決定、監督機能の充実、業務執行の適正評価を行い、株主並びにステークホルダーに対するアカウンタビリティの確保に努めています。
取締役の善管注意義務・忠実義務の履行状況の確保や、違法行為・社会通念上不適切な行為の阻止が可能な監視体制で経営を行っています。

  • ・取締役会のほか経営のモニタリングとして、自由闊達な議論の場「経営会議」を毎月開催しています。
  • ・執行役員制度の導入により経営と業務執行を分離しています。
  • ・取締役会・監査役(会)等が業務執行状況の適法性・妥当性について合理的な判断を下すために必要な内部統制体制を整備しています。
  • ・取締役の任期を1年間としています。